2015-12-18

「スター・ウォーズ エピソード VII フォースの覚醒」を観ました

スター・ウォーズ・サーガ最新作。エピソード VII フォースの覚醒を観てきました。映画館は東京・立川のシネマツー studio d。20:00 時開始の回で前から 3 列目・ほぼ中央の席です。公開初日とあって大きなスクリーンはほとんど予約済になっていました。

Untitled

感想

人気作ですからネタバレは書きません。すると、書くことがほとんどなくなっちゃいますね。少しだけネタバレを含みながら...

まず、主役 2 人が良かったです。レイとフィン。一作目から「運命の子」とまつり上げられたアナキン・スカイウォーカーや、故郷の星を離れる船の中でフォースの片鱗を見せたルーク・スカイウォーカーのように、物語の序盤から「特別さ」「異質さ」を発揮した彼らと比べると能力的には平凡。じっくりと人間ドラマを描いています。物語の後半になると、勇気ゆえに闘いへと身を投じていく主人公たちの姿に心が熱くなりました。

旧 3 部作のキャスト陣も良かったです。特にハン・ソロ! 偉ぶった重鎮に納まるわけでもなく、落ちぶれているわけでもない。脚本が上手いのだと思いますが、旧 3 部作のハン・ソロが幻滅せずにスクリーンに再発場していました。嬉しかったですね〜。

残念に思ったのは音楽... ですかね? エピソード I, II, III における「運命の闘い」、エピソード IV, V, VI における「帝国のテーマ」(ダース・ベイダーのテーマの呼び方でよく知られる) のような圧倒的な「敵」(恐怖・高揚) を感じさせる曲が弱かったように思いました。主人公を表現する音楽は雄弁で良かったんですけどね。

他の登場人物やドロイドや X ウィングやカイロ・レンについても書きたいことは沢山ありますが、ネタバレしそうなのでここらへんで筆お置きます。

総括

旧三部作 (エピソード 4,5,6) が好きな人にはニヤリとする箇所沢山の面白い映画に仕上がっていました。

追記

主人公がライトセーバーを手に取るシーンにシビれました!!

2015-11-11

フラウ・ファウスト 2 巻 Kindle 版予約受付中

フラウ・ファウスト(2) (ITANコミックス)

ヤマザキコレのファンタジー「フラウ・ファウスト」第 2 巻の Kindle 版が予約注文を受け付けていたので注文しました。書籍の発売日は 11/6。Kindle 版の発売予定日は 11/13 です。値段は 540 円。

ヤマザキコレは「魔法使いの嫁」で最近注文されてるマンガ家さん。

「フラウ・ファウスト」は男のファウストならぬ女ファウスト (フラウ・ファウスト) が不死を得て異端審問をさけながら旅する物語。契約したはずの悪魔メフィストフェレスが封印されているので、解放を試みようとしているらしい、けど、裏事情もあるらしく。というのが一巻の大筋でした。

2 巻でどう話が動くのか楽しみです。

2015-09-15

ダンまち 9 巻 Kindle 版予約開始

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

9/11 に発売となったライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第 9 巻。今日 Amazon を見てみたら、Kindle 版が予約開始になっていました。値段は 500 円。発売予定日は 9/25 (金)。

なにげに「外伝 4」が本編よりも面白かった (おっと失礼) し、最近、本編はダンジョンに潜っていないので第 9 巻には是非ダンジョン、ダンジョンして欲しいものです。9/25 を期待!

2015-08-31

ヴィヴァルディの「四季」から春の第 1 楽章

「初心者向けクラシック音楽」プレイリストの「ヴィヴァルディの四季より春 (第 1 楽章)」の説明です。

作曲家と時代

作曲者アントニオ・ヴィヴァルディはイタリアの作曲者です。イタリア生まれとざっくり言っていますが、当時のイタリアは複数の国があり、ヴィヴァルディはヴェネツィア共和国の生まれとなります。1678 年生まれ、1741 年没。バロック時代の作曲家で、パッヘルベル (1653 年生) より若く、バッハ (1685 年生) より少し年上です。

ヴィヴァルディは「赤毛の司祭」という呼称でも知られている通り、カトリック教会の司祭でした。この時代は教会の力が強く、作曲者が教会の聖職者であることも珍しくありませんでした。バロック音楽が終わると、王侯・貴族の力が強くなってゆきます。

ヴィヴァルディの「四季」は 4 つのヴァイオリン協奏曲「春」「夏」「秋」「冬」から成ります。ここでは、「四季」から最初の協奏曲「春」の第一楽章を選びました。

一般には「四季」でワンセットに扱れがちですが、実は、この 4 つの協奏曲は「和声と創意の試み 作品 8」という曲集に収録されています。「和声と創意の試み」には 12 曲のヴァイオリン協奏曲が収められており、その 1 曲目から 4 曲目が「四季」として総称されています。

「和声と創意の試み」には、第1番「春」、第2番「夏」、第3番「秋」、第4番「冬」の他にタイトルを持っている作品があるので少し見てみましょう。第5番「海の嵐」、第6番「喜び」、第10番「狩り」。5番以降は「四季」とは全く関係のないタイトルが付いています。ちょっと拍子抜けしてしまいますね。もしタイトルがシャレていたら、「四季」同様に世に知られることになっていたかもしれないと思うと、不思議な感じがします。

もし興味を持ったら、「和声と創意の試み」全曲も聴いてみると面白いでしょう。

演奏者と演奏

ヴィヴァルディの「四季」は 20 世紀初当、それほどポピュラーな曲ではなかったと言われています。曲を有名にするきっかけは、名演の存在、といっては大袈裟でしょうか。

1951 年、カール・ミュンヒンガーがシュトゥットガルト室内管弦楽団を指揮して「四季」の録音を行ないました。ヴァイオリン独奏者はラインホルト・バルヒェット。この演奏で「四季」人気の先鞭となりました。その後、イタリアのイ・ムジチ合奏団が 1955 年に「四季」を録音。指揮・ヴァイオリン独奏はフェリックス・アーヨ。

さて、1950 年代前半の録音について。当時はモノラル録音が主流。モノラル録音とは左右のスピーカーで同じ音が流れる方式です。しかし、1950 年代後半になるとステレオ録音が始まります。ステレオ録音は複数のマイクを使って録音し、スピーカーの右と左で別々の音を鳴らします。ステレオ録音の良いところは、音が立体的に聞こえることです。オーケストラであれば、ヴァイオリンは左で、コントラバスは右で演奏されているのが分かります。。合唱曲ならオーケストラが前に居て、合唱団が後ろに居るのが分かります。教会などの天丼の高い所で演奏していれば、音が高く昇っていく様子を感じることができます。ステレオ録音はその音の立体性から一気に広まりました。

この録音界の動きを受けて、演奏者もステレオ録音で「再録音」を開始します。ミュンヒンガーは 1958 年に再録音を (ヴァイオリニストはコンスタンティ・クルカに変更)、イ・ムジチは 1959 年に再録音を行ないました。

今日では、特に、歴史的な意味と演奏の良さからミュンヒンガーとイ・ムジチの 2 回目の録音に評価が高いです。

今回のプレイリストでは、そのイ・ムジチの 2 回目の録音から「春」の第一楽章を選びました。

2015-08-18

「中国五千年の歴史」動画 — 国の隆盛を見る

ブログ 和洋風KAI で紹介されていた動画をシェア。昨夜軽く見るつもりが、全編 38 分を見てしまい、面白かったのでブログの記事にしてみました。

動画は、五千年前から現代に向かって国々の国名と領土を描く第一部 (動画のほとんどがコレです) と、各時代に最大版図をほこった国の大きさを描く第二部 (おまけな感じです) から成ります。

初期の王朝、「夏」「商」「周 (西周)」から始まり、戦国時代の分裂、秦の統一を経て、前漢、新、後漢、そして三国時代へ。日本の歴史にも出てくる遣隋使の送られた「隋」や遣唐使の送られた「唐」へと続き、元寇で日本に攻めてきた「元」。現在の万里の長城を作った「明」、ラストエンペラーで有名な「清」などなど、国々の隆盛を見ていると飽きることがありません。自分が知らない小さな国々が生まれては消えてゆくのを見ると、そこにもドラマがあったんだろうな、と思います。

2015-08-11

フランス菓子店パルファン・ドゥー (新潟市) の「ケーキ屋さんのオムレツ」を食べました

新潟市内のフランス菓子店パルファン ドゥー (Parfum Doux) のオムレツケーキ、「ケーキ屋さんのオムレツ」を買って食べました。

Untitled

見ての通り巨大なオムレツ・ケーキです。ピース売りをしていないので、このサイズを買わないといけません (オムレツケーキもホール・ケーキと呼んで良いのでしょうか?)。

人数がいないと買うに買えない。人数がいても、人気なので売り切れることが多い。様々な要件が重なって今まで購入に至っていませんでしたが、今日、ようやくその機会を得ました。

Untitled

バナナ、キウイなどの季節のフルーツを生クリームで包み、カスタード、スポンジの層構造を作って、周りをクレープで巻き上げた一品です。生クリームが上品な仕上がりで、甘すぎず、自己主張しすぎず、フルーツの味を上手く活かしています。フルーツは一口、二口サイズで入っていて、食べるフルーツに寄って味が変化します。

そして、プリプリッとしたクレープの食感が得も言われぬアクセントになっています。

絶妙な味。こちらのケーキを、同じく新潟は豆煎坊の豆煎坊ブレンドをドリップコーヒーで頂きました。美味!

Untitled

2015-08-08

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9巻は 9/12 発売

最近楽しみにしているライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(通称: ダンまち) の最新巻 第 9 巻が Amazon で 9/12 発売になっていました。

このシリーズは、3, 4 か月に一度のペースでコンスタントに出ているので、待つ身としても嬉しいですね。Kindle 版で読んでいますが、書籍の発売日とほぼ同時に Kindle 版も出るのもありがたいです。