2014-07-15

マンガ版「四方世界の王」完結!

マンガ版「四方世界の王」(原作: 定金伸治・作画: 雨音たかし) が 6/25 (水) の第 29 話をもって完結しました。

都市国家バービルムの少年ナムルが、不思議な少女シャズとの出会いを経て、後のハンムラビ王となり法典を完成させる。というのが話の骨子。周囲には傭兵王シャムシ=アダト率いるアッシュール。天然系軍略の天才イバルピエルを擁するエシュナンヌ。そしてリム=スィーン王により統治のいき届いた大国ラルサ。これらの国々を相手取って、ナムルとシャズはいかに活路を見出すのか? そんなボーイ・ミーツ・ガールな古代ファンタジー。

原作は全 10 巻の予定が全 12 巻に伸びた... と後書きにありましたが、現在は第 6 巻が 2011 年 に出たきり続編は刊行されていません。そして、マンガ版は原作に追いついた所で連載休載 (当時、月刊少女シリウスで連載)。

2014 年 6 月 25 日から再開されたマンガ版は「最終章」ということで、一気に話が進みます。最終章は全 6 話。あらすじは決まっていたのでしょう。原作のあらすじをマンガに落としていった、というのが大きな印象でしょうか。アダトとイバピエルは前半に姿を出して物語の方向性に若干の彩りを添える程度。シャズはエレール (アダトの娘) との戦いでおった怪我もあって限界ギリギリ。ストーリーはサイド・エピソードをバッサリと切り捨ててナムルとリム=スィーンの対決へ。そこにシャズが現れて...

大雑把なストーリー展開ではありましたが、ひとまず「四方世界の王」のエンディングを見ることができて一安心しました。

ところで、作画の雨音たかしはコメントで

拙いながら、原作とは違う結末を、この度描かせて頂きました。

と書いています。そして、原作の定金氏は

おかげさまで、小説本編のほうももうすぐ再開できそうです。本編のほうはまたちょっとストーリーが違っていたりします

と、やはりマンガ版と原作版でストーリーが違うことを明言しています。どれほど違うのか気になるところですが... 原作の「再開」が伸び伸びになっているので原作版エンディングを見られるかどうか。当初は、原作の第 7 巻の発売予定が 2011 年 11 月だっただけに「もうすぐ」が何時になるのか不安でしょうがありません。

そういう意味でも、マンガ版のエンディングが読めて良かったです。怒濤の展開とエンディングの切なさに受け付けない人もいるかもしれませんが、私は一つの旅が終わった気分で晴れやかです。最終巻第 5 巻の発売は 8/8 とのこと。

2014-05-02

「アナと雪の女王」を観てきました

ディズニーの最新映画「アナと雪の女王」(原題: Frozen) を 4/30 のレイトショーで観てきました。

前評判の高さは知っていましたので期待していました。作品は、期待に応える出来でした。

特にエルサ女王の歌う「Let It Go」が素晴らしかったです。歌っているのは、Idina Menzel (イディーナ・メンゼル)。あのミュージカル「ウィキッド」でエルファバ役をやったブロードウェイ女優ですね。彼女がウィキッドで歌った「Defying Gravity」は同ミュージカルを代表する一曲でした。そんなメンゼルが主役のうち一人を担当するということで、ミュージカルとしての出来に不安はなかったわけですが... 蓋を開けてみて予想以上のモノを見せられた気分です。

CG の使い方が上手ですね。透明感のある氷。沢山の雪の粒。CG が特意とする表現を、上手くアニメショーンと融合させていました。

ストーリーに関していえば、ディズニー映画としてはめずらしく本流を外れる試み。ダブル・ヒロイン。明確な敵の欠如。ひと捻りありストーリー展開。と、冒険をしてきたように思います。それも、映画に良い方向で寄与していたというのが感想です。

「アナと雪の女王」は、映画館の大画面・高音質で楽しめる本当に楽しい作品でした。

2014-04-28

マンガ版「四方世界の王」 4/30 よりウェブにて連載再開 & 最終章突入

定金伸治の小説「四方世界の王」。1 巻の発売は 2009 年 1 月。最新刊・第 6 巻の発売は 2011 年 8 月。第 7 巻の発売予定は 2011 年 11 月とありましたが、既に 2 年半もの時が流れました。

マンガ版も原作に追いつき休載。「四方世界の王」シリーズの完結は望むべくもないか? と思っていましたが、月刊少年シリウス 2014 年 6 月号の付録に、マンガ版「最終章」と銘打って第 24 話・第 25 話が掲載されていました。待望の連載再開です。しかも、マンガ版の方が原作より先に進んで... 最終章?

ともかく、連載再開です。連載場所は月刊少年シリウスではなく、ウェブ。水曜日のシリウスで掲載。

付録に収録された 24・25 話は 4/30 日更新分で公開。続く 26 話は 5/24 日更新が決まっているそうです。

マンガ版が続くということは粗筋は出来ているはずですが、マンガ版と原作小説では着地点を同じにするのでしょうか? 原作の方も続きが読めると嬉しいのですが、どうなのでしょう。少しは第 7 巻の期待をしても良いのでしょうか?

ref.

原作

マンガ版

2014-04-27

「ゆうやみ特攻隊」次号完結!!

月刊少年シリウス 2014 年 6 月号にて、押切蓮介氏の長期連載「ゆうやみ特攻隊」のケース 90「暁光」が掲載されました。最後のページには 次号、押切蓮介最長連載堂々の完結!! の文字がありました。

1, 2 巻の助走を経て、3 巻から休むことなく (くろがね) 一族・ミダレガミとの戦いを描き続けた本作。

ゆうやみ特攻隊の見せ場と言えば、「花岡隊長」の鬼神の如き強さでありました。大人数をものともせず、霊体すら制し、神経毒を打たれても不屈に戦い続ける女子高校生。どんなピンチでも、隊長が現れただけで絶望が希望へと変わったものです。

その花岡隊長が 10 巻で倒れます。主人公・翔平を救うため、致死毒の粉が舞う中、霊体との戦いに身を投じたのです。とはいえ、無双っぷりが通常運転な隊長のこと。すぐに復活してくれると信じていました。カエが「動かなくなってる」と言うまでは...

「心臓も...」

えっ? マジで?!

無双神話が終わりました。。。

そして、翔平の覚醒。思い浮かぶのは、隊長の「あの動き」。次第、隊長の戦う姿が翔平と重なります。八部衆を前に、「30 秒でかたをつけな」と鼓舞する声。対鉄翠戦で瞳術にハマッた翔平に「サッさと目を覚ませ」と一喝する隊長。ミダレガミの幻術地獄に落とされた翔平の前に現れ、「私が道を作る」と幻術空間からの出口を作る隊長。そして、悪霊ミダレガミを打ちのめす力を授ける隊長。死んでからも隊長無双にブレーキがかからない!!

ここからはネタバレ。

そしてケース 90。全ての戦いを終え、隊長の前に座った翔平を前にして、頭に手をかける花岡隊長。隊長、復活!!

彼女ならやってくれると信じていました!

ヘタレな翔平が覚醒しミダレガミと対峙することをクライマックスとするなら、心で技術で肉弾で翔平をサポートし続けた花岡隊長は本作のバックボーンでした。いや、マジで格好良かったです。

次号、最終回が楽しみです。

2014-01-14

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 BD 4/2 発売・予約受付中

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定版) [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定版) [Blu-ray]

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 の BD が 4/2 発売として Amazon にて予約受付が開始されました。Amazon 価格は現在 8,479 円。例によって、予約商品は価格保証です。

本編 1 枚、特典 BD 1 枚、サントラ 1 枚の 3 枚構成。特典 BD の内容は「“劇場版公開記念 2時間でわかる! 大ヒットアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』"」とのこと。これは... TV の番組かな?

と・も・か・く。映画本編があと 4 か月もしない内に手に入るのは嬉しいニュースです。

「魔法少女まどか☆マギカ」は私にとって、エヴァ以来の大ヒット。「エヴァ Q」に 9 回、「エヴァ 破」に 8 回、劇場へ足を運んだ私ですが「叛逆の物語」も 1/14 現在 8 回劇場に足を運びました。もう一回くらい行ってみたいなー、なんて思っていたのは秘密です。

BD の予約? もちろん予約済です。4/2 が楽しみです。

2013-12-30

2013 年に取り上げたクリスマス曲まとめ

10 月 14 日から「安宅の音楽日記」という音楽系ブログを書き始めました。短く音楽を紹介したり、自分の感想を書く目的で始めたブログです。毎日一本を目標に始めて、なんとかやって来れました。

さて、「安宅の音楽日記」では 12 月の 8 日から 25 日まで「クリスマス」に関連する曲を扱いました。本エントリーでは、ブログ記事を振り返りながら感想を付け加えたいと思います (一部、12 月以前に取り上げたクリスマス関連曲も紹介します)。

クラシック曲

クラシック曲では 6 人の作曲家を取り上げました。生年順に並べると次のようになります: コレッリ (1653-1713)、マンフレディーニ (1684-1762)、ヘンデル (1685-1759)、ロカテッリ (1695-1764)、スキアッシ (1698-1754)、チャイコフスキー (1840-1893)。一人ずつ簡単な紹介をしてゆきます。

コレッリのクリスマス協奏曲

コレッリのクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ Op.6-8) はクリスマス協奏曲の代名詞とされる曲です。メロディーの美しさもさることながら、アレグロの爽快感はリピートして聴きたくなるものです。

クラシック畑からベルダー盤と Geise 盤。ポピュラー畑からリチャード・クレイダーマン盤を聴きました。

ベルダー盤は Brilliant Classic レーベルからの一枚ですが、細部にまで血の通った演奏で音楽が生き生きとしています。Geise 盤は Arte Nova レーベルからの一枚。力強さはあるものの、繊細さではベルダー盤に一歩譲ります。

ポピュラー・アレンジしたリチャード・クレイダーマン盤はもっと評価されても良い名盤! 曲順を変え、演奏時間を少なくしていますが、ピアノとオーケストラで最大の効果を上げるように変えられたアレンジはお見事。ともかく楽しいです。

マンフレディーニのクリスマス協奏曲

マンフレディーニのクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ Op.3-12) は 8 分程の曲です。ゆったりとしたメロディーの美しさ、特に第二楽章のラルゴの美しさにひかれます。

お気に入りの演奏はカラヤン指揮ベルリン・フィル。美しく演奏するという分野にかけてカラヤンは他の追随を許さないと思いました。カラヤンの他に Geise 指揮とイル・ジャルディーノ・アルモニコの演奏を聴きました。Geise 盤は比較的落ち付いていますが、チェンバロなどで少しアクセントを付けた演奏です。カラヤンの様に美しい演奏を聴いた後だと、アクセントが強いように思います。イル・ジャルディーノ・アルモニコの演奏はキビキビッとした演奏で独自の世界に入っています。セカンド・チョイス以降なら面白いかもしれませんが、ファースト・チョイスには厳しいと感じました。

ヘンデルのメサイア

ヘンデルのメサイア。いわずと知れたイエス・キリストの生涯を描いたオラトリオです。メサイア・コーラスは超有名曲。

60 年代録音のクレンペラー盤と 2000 年代録音のバッド盤を取り上げました。

クレンペラー盤は録音も古く前時代的なフル・オーケストラ演奏です。しかし、ソロ陣の豪華さ、全体のまとまりは大指揮者クレンペラーの良さが遺憾無く発揮されています。メサイアが好きな人には是非聴いて欲しい一枚。一方、バッド盤は時代考証や録音にも拘った一枚。1742 年ダブリン初演版の世界初録音。ノン・ヴィヴラートに徹したテノールなど他盤では聴くことの出来ない世界が広がっています。名演!!

ロカテッリのクリスマス協奏曲

ロカテッリはパガニーニ以前の最大のヴァイオリン作曲家。彼のクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ ヘ短調) は弦がとても美しい。レビューを書いた時は早いテンポの楽章に現れるヴァイオリンの技巧にみせられましたが、後で聴きなおしてゆっくりした曲のメロディーの美しさにも打ちのめされました。

聴いたのは Geise 盤のみ。

スキアッシのクリスマス交響曲

作曲家スキアッシ。今回の特集で初めて知った名前です。最初、コレッリのクリスマス協奏曲を聴こうと CD をかけたのですが、一曲目に入っていたスキアッシのクリスマス交響曲があまりにも良かったものでコレッリに代わって取り上げました。

無名な作曲家だと思うのですが、クリスマス交響曲の出来はコレッリにも劣ることはないと思います。スキアッシの他の楽曲も聴きたいと思いました。

チャイコフスキーのくるみ割り人形

クリスマスに何故「くるみ割り人形」と思ったのですが、バレエの脚本では「くるみ割り人形」がクリスマス・イブのプレゼントとして渡されるのでした。クリスマス・イブからクリスマス当日にかけての冒険が「くるみ割り人形」の舞台になるのですね。

プレヴィン盤とロジェストヴェンスキー盤を取り上げました。音楽が「くるみ割り人形」のストーリーをイメージさせるプレヴィン盤、音楽がバレエ舞台をイメージさせるロジェストヴェンスキー盤。どちらの盤も甲乙付け難い名演です。プレヴィン盤は現役盤ですが、ロジェストヴェンスキー盤はその好演に対して評価が低いように感じるのが残念です。

洋楽

ジングル・ベル

ビング・クロスビーとアンドリュース・シスターズが共演した「ジングル・ベル」です。こちらの CD にはリハーサル・テイクが収録されていて、ビング・クロスビーの珍しい失敗を聞くことができます。いつも完璧なクロスビーの歌唱を聴いていると、ここに聴く人肌なクロスビーの歌も面白いものです。

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

映画ダイ・ハード 1・2 のラストを飾るヴォーン・モンローの 1962 年録音盤です。Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 良いですよね〜。映画のラストで聴くと大人の気分になります。甘いだけじゃない、ビターで温かいクリスマス・ソングです。

キャロル・オブ・ザ・ベルズ

映画「ホーム・アローン」でかかった曲です。サントラ盤とトランス・シベリアン・オーケストラのインストゥルメンタル版を取り上げました。

映画を見た人には言うまでもないですが、泥棒と対決すべくケビン少年が雪道をかけてゆくシーンで流れるこの曲は心に残りますよね。トランス・シベリアン・オーケストラの演奏はメタル・オーケストラにアレンジされています。クリスマス・ソングを楽しむ人より、クラシック・オーケストラを楽しむ人向けかもしれません。正統派なアレンジで聴き応え満点です。

Angels We Heard on High

Facebook で友達に紹介された楽曲。メンデルスゾーンの Angels We Heard on High をベースに色々なクリスマス・ソングがメドレー式に入っています。演奏は The Piano Guys。

まずはビデオをどうぞ。曲を演奏している姿がとても楽しそう。

現在、この CD 盤を取り寄せている途中です。

邦楽

クリスマス・イブ

邦楽からは一曲だけ。山下達郎の「クリスマス・イブ」を取り上げました。曲の紹介というより、思い出話に花を咲かせたエントリーでした。意外に反響があって、ヒットのきっかけになった CM を YouTube で教えてもらったりしました。

あとがき

以上で、2013 年のクリスマス曲特集はお終いです。

一回のエントリーでこれだけの数のクリスマス曲を取り扱おうとすると大変ですが、小分けにエントリーにしていると苦になりません。振り返りエントリーを書くだけで形になるので良いですね。来年もクリスマス曲特集ができればと思います。

2013-11-03

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 —— マミとほむらの相性 (ネタバレあり)

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」のネタバレあり感想第二弾です (第一弾「結末の所感」もよろしく)。

今回も映画を観た人向けに書きますので、ネタバレ全開です。

映画未見の方は、ここから先を読まないで下さい。