2014-01-14

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 BD 4/2 発売・予約受付中

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定版) [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定版) [Blu-ray]

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 の BD が 4/2 発売として Amazon にて予約受付が開始されました。Amazon 価格は現在 8,479 円。例によって、予約商品は価格保証です。

本編 1 枚、特典 BD 1 枚、サントラ 1 枚の 3 枚構成。特典 BD の内容は「“劇場版公開記念 2時間でわかる! 大ヒットアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』"」とのこと。これは... TV の番組かな?

と・も・か・く。映画本編があと 4 か月もしない内に手に入るのは嬉しいニュースです。

「魔法少女まどか☆マギカ」は私にとって、エヴァ以来の大ヒット。「エヴァ Q」に 9 回、「エヴァ 破」に 8 回、劇場へ足を運んだ私ですが「叛逆の物語」も 1/14 現在 8 回劇場に足を運びました。もう一回くらい行ってみたいなー、なんて思っていたのは秘密です。

BD の予約? もちろん予約済です。4/2 が楽しみです。

2013-12-30

2013 年に取り上げたクリスマス曲まとめ

10 月 14 日から「安宅の音楽日記」という音楽系ブログを書き始めました。短く音楽を紹介したり、自分の感想を書く目的で始めたブログです。毎日一本を目標に始めて、なんとかやって来れました。

さて、「安宅の音楽日記」では 12 月の 8 日から 25 日まで「クリスマス」に関連する曲を扱いました。本エントリーでは、ブログ記事を振り返りながら感想を付け加えたいと思います (一部、12 月以前に取り上げたクリスマス関連曲も紹介します)。

クラシック曲

クラシック曲では 6 人の作曲家を取り上げました。生年順に並べると次のようになります: コレッリ (1653-1713)、マンフレディーニ (1684-1762)、ヘンデル (1685-1759)、ロカテッリ (1695-1764)、スキアッシ (1698-1754)、チャイコフスキー (1840-1893)。一人ずつ簡単な紹介をしてゆきます。

コレッリのクリスマス協奏曲

コレッリのクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ Op.6-8) はクリスマス協奏曲の代名詞とされる曲です。メロディーの美しさもさることながら、アレグロの爽快感はリピートして聴きたくなるものです。

クラシック畑からベルダー盤と Geise 盤。ポピュラー畑からリチャード・クレイダーマン盤を聴きました。

ベルダー盤は Brilliant Classic レーベルからの一枚ですが、細部にまで血の通った演奏で音楽が生き生きとしています。Geise 盤は Arte Nova レーベルからの一枚。力強さはあるものの、繊細さではベルダー盤に一歩譲ります。

ポピュラー・アレンジしたリチャード・クレイダーマン盤はもっと評価されても良い名盤! 曲順を変え、演奏時間を少なくしていますが、ピアノとオーケストラで最大の効果を上げるように変えられたアレンジはお見事。ともかく楽しいです。

マンフレディーニのクリスマス協奏曲

マンフレディーニのクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ Op.3-12) は 8 分程の曲です。ゆったりとしたメロディーの美しさ、特に第二楽章のラルゴの美しさにひかれます。

お気に入りの演奏はカラヤン指揮ベルリン・フィル。美しく演奏するという分野にかけてカラヤンは他の追随を許さないと思いました。カラヤンの他に Geise 指揮とイル・ジャルディーノ・アルモニコの演奏を聴きました。Geise 盤は比較的落ち付いていますが、チェンバロなどで少しアクセントを付けた演奏です。カラヤンの様に美しい演奏を聴いた後だと、アクセントが強いように思います。イル・ジャルディーノ・アルモニコの演奏はキビキビッとした演奏で独自の世界に入っています。セカンド・チョイス以降なら面白いかもしれませんが、ファースト・チョイスには厳しいと感じました。

ヘンデルのメサイア

ヘンデルのメサイア。いわずと知れたイエス・キリストの生涯を描いたオラトリオです。メサイア・コーラスは超有名曲。

60 年代録音のクレンペラー盤と 2000 年代録音のバッド盤を取り上げました。

クレンペラー盤は録音も古く前時代的なフル・オーケストラ演奏です。しかし、ソロ陣の豪華さ、全体のまとまりは大指揮者クレンペラーの良さが遺憾無く発揮されています。メサイアが好きな人には是非聴いて欲しい一枚。一方、バッド盤は時代考証や録音にも拘った一枚。1742 年ダブリン初演版の世界初録音。ノン・ヴィヴラートに徹したテノールなど他盤では聴くことの出来ない世界が広がっています。名演!!

ロカテッリのクリスマス協奏曲

ロカテッリはパガニーニ以前の最大のヴァイオリン作曲家。彼のクリスマス協奏曲 (コンチェルト・グロッソ ヘ短調) は弦がとても美しい。レビューを書いた時は早いテンポの楽章に現れるヴァイオリンの技巧にみせられましたが、後で聴きなおしてゆっくりした曲のメロディーの美しさにも打ちのめされました。

聴いたのは Geise 盤のみ。

スキアッシのクリスマス交響曲

作曲家スキアッシ。今回の特集で初めて知った名前です。最初、コレッリのクリスマス協奏曲を聴こうと CD をかけたのですが、一曲目に入っていたスキアッシのクリスマス交響曲があまりにも良かったものでコレッリに代わって取り上げました。

無名な作曲家だと思うのですが、クリスマス交響曲の出来はコレッリにも劣ることはないと思います。スキアッシの他の楽曲も聴きたいと思いました。

チャイコフスキーのくるみ割り人形

クリスマスに何故「くるみ割り人形」と思ったのですが、バレエの脚本では「くるみ割り人形」がクリスマス・イブのプレゼントとして渡されるのでした。クリスマス・イブからクリスマス当日にかけての冒険が「くるみ割り人形」の舞台になるのですね。

プレヴィン盤とロジェストヴェンスキー盤を取り上げました。音楽が「くるみ割り人形」のストーリーをイメージさせるプレヴィン盤、音楽がバレエ舞台をイメージさせるロジェストヴェンスキー盤。どちらの盤も甲乙付け難い名演です。プレヴィン盤は現役盤ですが、ロジェストヴェンスキー盤はその好演に対して評価が低いように感じるのが残念です。

洋楽

ジングル・ベル

ビング・クロスビーとアンドリュース・シスターズが共演した「ジングル・ベル」です。こちらの CD にはリハーサル・テイクが収録されていて、ビング・クロスビーの珍しい失敗を聞くことができます。いつも完璧なクロスビーの歌唱を聴いていると、ここに聴く人肌なクロスビーの歌も面白いものです。

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

映画ダイ・ハード 1・2 のラストを飾るヴォーン・モンローの 1962 年録音盤です。Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 良いですよね〜。映画のラストで聴くと大人の気分になります。甘いだけじゃない、ビターで温かいクリスマス・ソングです。

キャロル・オブ・ザ・ベルズ

映画「ホーム・アローン」でかかった曲です。サントラ盤とトランス・シベリアン・オーケストラのインストゥルメンタル版を取り上げました。

映画を見た人には言うまでもないですが、泥棒と対決すべくケビン少年が雪道をかけてゆくシーンで流れるこの曲は心に残りますよね。トランス・シベリアン・オーケストラの演奏はメタル・オーケストラにアレンジされています。クリスマス・ソングを楽しむ人より、クラシック・オーケストラを楽しむ人向けかもしれません。正統派なアレンジで聴き応え満点です。

Angels We Heard on High

Facebook で友達に紹介された楽曲。メンデルスゾーンの Angels We Heard on High をベースに色々なクリスマス・ソングがメドレー式に入っています。演奏は The Piano Guys。

まずはビデオをどうぞ。曲を演奏している姿がとても楽しそう。

現在、この CD 盤を取り寄せている途中です。

邦楽

クリスマス・イブ

邦楽からは一曲だけ。山下達郎の「クリスマス・イブ」を取り上げました。曲の紹介というより、思い出話に花を咲かせたエントリーでした。意外に反響があって、ヒットのきっかけになった CM を YouTube で教えてもらったりしました。

あとがき

以上で、2013 年のクリスマス曲特集はお終いです。

一回のエントリーでこれだけの数のクリスマス曲を取り扱おうとすると大変ですが、小分けにエントリーにしていると苦になりません。振り返りエントリーを書くだけで形になるので良いですね。来年もクリスマス曲特集ができればと思います。

2013-11-03

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 —— マミとほむらの相性 (ネタバレあり)

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」のネタバレあり感想第二弾です (第一弾「結末の所感」もよろしく)。

今回も映画を観た人向けに書きますので、ネタバレ全開です。

映画未見の方は、ここから先を読まないで下さい。

2013-10-27

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 —— 結末の所感 (ネタバレあり)

2013 年 10 月 26 日、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」が公開されました。公開初日に観に行きました。3 回鑑賞 (最速上映 2 回、普通上映 1 回) しましたので、映画の結末について感想というか所感を書きます。

映画を観た人に向けて書きますので、ネタバレを含みます。

映画を未見の方は、ここから先を読まないで下さい。

2013-10-20

「カラフル」「君の銀の庭」を予約 — まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語の主題歌

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語の公開がいよいよ来週となりましたね。テンション高くなってきました。

Amazon では既に、「叛逆の物語」の主題歌シングルが予約受付中だったので予約しておきました。

「カラフル」は「コネクト」や「ルミナス」を歌った ClariS の楽曲。

「君の銀の庭」は「Magia」や「ひかりふる」を歌った Kalafina の楽曲。

どちらがオープニングかエンディングかはまだ分かりませんが、今まで ClariS がオープニング、Kalafina がエンディングを担当していましたから、新編でも「カラフル」がオープニング・テーマ、「君の銀の庭」がエンディング・テーマになるのではないかと思います。

公開が 10/26。CD の発売予定日が 10/30 となっています。公開直後に楽曲を聞けないのが残念ですが、一日でも早く聞きたいのでね。予約しました。

まどか☆マギカ 劇場版 前後編 リバイバル上映を観て涙腺崩壊

はい。魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 前後編 リバイバル上映を観てきました。映画館で観るのは通算 5 回目になります。

映画館へ行くたびに、因果が絡まってゆくのでしょうか? どんどん涙腺が弱くなっていきます。それでも前編はまだましだったんですよ。3 回目しか涙が出ませんでしたから。というか、久しぶりのまどか☆マギカなので、頭が世界観に入り込んでいませんでした。ラスト。さやかの台詞「わたしって、ほんとバカ」でスイッチがカチリと入りましたかね。

後編始まって、「ルミナス」が流れた途端に涙が... あれ? ここ泣くシーンだっけ? 予め用意していたティッシュ・ボックスからどんどんティッシュが抜かれていきますよ。ああ、杏子は本当に良い娘ですね。

TV 版の第 10 話分は涙なしに観られませんね。特に、「バカなわたしを、助けてあげてくれないかな」とほむらに約束するシーンは声優さんの演技と合いまって心に直球で突き刺さります。

TV 版の第 11 話分。まどかがほむらの部屋を訪ねて、「ほむらちゃんの言っていることが本当だと思えない」から先。私、映画館で画面を観たことがないんですよね。毎回、涙腺が崩壊してて、涙で画面が観えない。

TV 版最終話分。最初の「ごめんね、ごめん」からもう涙ボロボロです。「最高の友達」とかね。

いったい、何回泣いたの?

数えるのを諦めるくらい

ってなもんですよ。

来週から始まる「新編 叛逆の物語」が楽しみです!!

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

2013-10-18

まどか☆マギカ 劇場版 前後編 リバイバル上映開始!!

そろそろ、「魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」が始まりますね。

この週末に BD を見て準備をしよう! と友達を誘ったところ...

「魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 前後編」がリバイバル上映されるらしいよ、との返し。調べてみると、18 時〜 23 時くらいの、ちょっと遅めの時間帯です。どうする? という友達の質問に

映画館でやるなら、観に行くしかないじゃない!!

はい。決行決定。いやー、舞い上がっちゃってますね、私。

立川シネマ・ツーでは「復習上映」との文字が。「復讐上映」ではないかと、目を疑いました。

とりあえず、予約、ポチ。予約、ポチ。予約、ポチ。「あの花」のチケットまで予約してしまったのは... わけが分からないよ。

映画館で泣いてる人がいたら、ぼくかもしれないので、そっとしておいて下さい。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]