2015-01-28

1/27 の音楽

昨日の続き。

昨日は「聴きたい!」と思った曲をかけました。今日は「最近、箭いてないな〜」という曲を手にとってみました。本日も 3 枚です。

ビクトリアのレクイエム by フィリップ・ケイブ

スペインはルネッサンス期の大作曲家トマス・ルイス・デ・ビクトリアの代表作「レクイエム」。ルネッサンス期というと、バッハ (バロック時代) よりも前です。フーガのような複雑な旋律の構築もまだなかった頃の作品です。スペインは熱情の国というイメージがありますが、ビクトリアのレクイエムはポリフォニー (多声音楽) による静謐な音楽です。

音楽を聴いて、久しぶりのポリフォニーの美しさに酔いました。合唱のピッチが揃っていないと、この美しさは出せません。その点、ケイヴ指揮 Magnificat の合唱は見事です。

録音を担当している Linn レコードは、オーディオの老舗ですが、録音にも力を入れていてとても質の高いレコーディングをしていることで有名です。静かさが似合うビクトリアの曲を、良録音で聴くと心が洗れます。

ウォーターマーク by エンヤ

エンヤ。CD 5 枚目にしてようやくクラシック音楽から離れました。

「オリノコ・フロウ」のメロディーは覚えてい1るのですが、他の曲はどんなだっけ? 考えてみたら、長い間、この CD を聴いていません。エンヤ・サウンドを聴きたくてかけてみました。

お昼に聴いたはずなのに、今、思い返してみるとやっぱりオリノコ・フロウのメロディーしか覚えていないです。聴いてた時は、ステキなメロディーと思っていたはずなんですが...

ドヴォルザークの新世界より by フリッチャイ

バッハ、テン・ホルト、ビクトリア、エンヤ。比較的おだやかな CD ばかり選んでいました。次は何を聴こうかと、CD ラックの上で指をすべらせていて止まったのがドヴォルザーク。「新世界より」とかいいかもね。ケルテスは聴きほれて仕事にならなくなるし、シルヴェストリは激しいし、ライナーはこの前聴いたばかりだし、クリヴィヌ、ワルター、う〜ん... と悩んでいてフリッチャイ。

フリッチャイってどんな演奏だったっけ? 記憶からサッパリ抜け落ちています。で、かけてみました。

正統派ですね!

それも味のある正統波です。ベルリン・フィルも良い音を出しています。ケルテスほどにひきこまれないんですが、ライナーのようにキリッとしているわけでもない。ほど良い距離感というのでしょうか。躍動感あり、思い入れを入れ過ぎず、かといって無味乾燥としない。意外や意外。フリッチャイの「新世界より」がこんなに良いとは思いませんでした。後で、またゆっくり聴き直したい演奏です。

2015-01-27

1/26 の音楽

ウィルス性胃腸炎にかかってしまいました。会社内に感染者を増やさないために、今日から 7 日間、在宅勤務です。会社の皆と会えないのは寂しいですが、自宅で音楽を聴きながらプログラミングできる機会がはからずも転がり込んできました。続くかどうか分かりませんが、その日に聴いた音楽を紹介してみます。

本日は 3 アルバム。

バッハのパルティータ by ギーゼキング

私が持っているのはドイツ・グラモフォン盤なのですが廃盤のようなので代替アルバムを掲載します。

ギーゼキングの弾くバッハ。彼のバッハは速い。初めて聴いた人は面喰らうことでしょう。受け付けない人もいるでしょう。

ギーゼキングの演奏を私はこう解釈しています。それはチェンバロという「音を伸ばせない」時代に作られた曲を、その歴史的背景を踏まえてピアノで最大限の良さを出すよう演奏している。だから、音は伸ばさない。グールドのように音を切ったりもしない (グールドはグールドで異端にして天才だと思います)。それでいてリヒテルよりもロマン的。

一度、この快速なピアノ演奏に秘められたロマンシズムに触れると、折りを見て何度も聴き返したくなります。ギーゼキングの弾く小型スタンウェイの響きにはそんな魔力があります。

バッハのヴァイオリン協奏曲集 by メニューイン他

「Masters of the Strings」 という 10 枚組ボックス (1,683 円!)。収録曲は J. S. バッハ作曲の次の 4 つ。

  • バッハ: ヴァイオリン協奏曲 BWV.1041  メニューイン(vn)、エネスコ(指揮)パリ交響楽団  1936年録音
  • バッハ: ヴァイオリン協奏曲 BWV.1042  フーベルマン(vn)、ドブロヴェン(指揮)ウィーン・フィル  1934年録音
  • バッハ: 2台のヴァイオリンのための協奏曲 BWV.1043  フーベルマン(vn)、エネスコ(vn)、モントゥー(指揮)パリ交響楽団  1932年録音
  • バッハ: ヴァイオリン協奏曲 BWV.1052  シゲティ(vn)、シュティードリー(指揮)新楽友協会管弦楽団  1940年録音

お目当てはメニューインの弾くヴァイオリン協奏曲 BWV.1041。これが渋い演奏なんです。1936 年の古い録音なんですが、実に音楽の富かなこと! BWV.1041 と言えば悲哀系のメロディーで有名ですが、メニューインは感情に溺れすぎず、それでいて胸に訴えかけてくる演奏をします。ヴァイオリニストが本業のはずのエネスコの指揮も息がバッチリ。

BWV.1041 を落ちついて聴きたい時、私はこの一枚をいつも取り出しています。

テン・ホルトのカント・オスティナート by Jeroen van Veen 他

シメオン・テン・ホルト (1923-2012)。最近のクラシック音楽作曲家の代表作「カント・オスティナート」です。いわゆる現代音楽という分野に入るんでしょうか。オリジナルの楽譜があって、繰り返し回数、演奏者の数まで自由に決めて良いとされています。

カント・オスティナートはミニマル音楽というジャンルの一曲。小さなフレーズを何度も何度も繰り返し、繰り返しの中で少しずつ変化を加えて「音楽」を形成します。実家でこの曲を流すと、面白くない、とバッサリ切られて肩身の狭い思いをしています。

個人的には 4 人編成の 2 時間くらいの演奏が好きなのですが、今回は時間があったので「The Longest Version」と銘打たれているこの CD を聴きました。演奏者はピアニスト 4 人、オルガニスト 1 人の計 5 人。CD 枚数 4 枚。総演奏時間 250 分弱!! 2014 年 5 月の録音です。

バッハのフーガのような構成美を求めちゃあいけません。音楽がほんとうにゆっくりゆっくり変化してい様を天体観測するような趣で楽しむ。そんな作品です。

2015-01-26

Kindle の角川フェアで「魔女の宅急便」全 6 巻購入、1,200 円

1/31 まで Amazon が Kindle 60% オフ・セールを行なっています。

ネットを検索すると、この手のオ型フェアはちょくちょく行なわれているようです。今回を逃しても、また別の機会があるでしょう。

閑話休題

魔女の宅急便を購入

図書館で全巻読み終えたにもかかわらず、手元に置いておきたくなる本ってありますよね。かといって、スペースがないからダンボールの中に入って封印されるのが目に見えてるような本。そんな本が角川の本でありました。

角野栄子原作「魔女の宅急便」全 6 巻です。

この 6 冊の合本が 1,200 円。

ポチリと押してしまいました。手元にあるだけ。それだけ。いつ読み返すのか分からないけれど、キキの成長物語を読み直したいです。

私は、児童文学が好きなんですねぇ。

ちなみに、ジブリ版「魔女の宅急便」を見た方は原作を読むとびっくりしますよ。かなりストーリーが違いますから。

2014-12-19

刻刻 番外編 — 300 日後 — が電子書籍版にて無料で発売開始

堀尾省太の SF 作品「刻刻」の番外編が、電子書籍版で発売されています。値段は無料。Amazon でも Kindle 版で購入可能です。

『刻刻』番外編―300日後―

刻刻

「刻刻」は「月刊モーニング・ツー」で連載されていた SF 作品。時の止まった世界に入り込んだ、一つの家族と止界 (= 時の止まった世界) の存在を知る宗教団体幹部らとの対立を描いています。時の止まった世界の独自ルール、対立の中で誰が止界から抜け出るのかというサバイバル的要素、めぐりめぐって変わってゆく人間関係。SF 要素の使い方とドラマの組み立ての優れた名作でした。

全 8 巻にて奇麗に完結。現在、第 1 巻が無料で発売されています。

刻刻(1)

刻刻 番外編は、刻刻 本編終了から 300 日後を描いた作品。番外編には、本編の主人公が出てくるものと出てこないものの二種類に大別されますが、この番外編は後者の形式。本編での出来事を他者がかぎつけて事件性に目を付けた... という流れ。

刻刻 本編を読まれた方は、是非。

2014-12-09

台東区中央図書館を活用しています

台東区に引越して 2 か月あまりが過ぎました。本好きな私にとっては嬉しいことに、台東区中央図書館がわが家の近く、職場の目の前にあります。

Untitled

近代的な建物ですよね。こちらは台東区の生涯学習センター。中央図書館は生涯学習センターの 1・2 階に入っています。

図書館は随分と IT 化されていて、図書館カードさえあれば無人貸出機で本を借りることができます。写真は図書館 2 F にある貸出機です。

図書館カードを入れて、借りる本の冊数を入力、すると機械が借りる本を勝手に読み出して貸し出し業務終了。あっという間です。

台東区立図書館のページからは (当然) ネットから本を予約することもできます。本が図書館に届いたら、電話もしくはメールでお知らせが入ります。図書館のおススメはメール。

中央図書館では予約した本は「予約本」コーナーに置かれています。このコーナーにはラベルの振られた棚が並んでいます。入り口にある機械に図書カードを通すと、自分が予約した本が「どのラベルの棚」にあるかが表示されます。予約本コーナーに入って、棚の中から自分の予約した本を探し、そして予約本コーナーの出口に設置されている「貸し出し機」(2 F にある機械と同じもの) を使って貸し出し処理を行ないます。

図書館員は貸出業務などには煩わされず、専らリファレンスなど IT 化しきれない作業を行なっています。

所蔵は図書館が揃える本は大低揃っていて、その上で、ライトノベルやマンガなども置いています。ライトノベルでは先日「アルスラーン戦記」を借りて読みました。マンガは私はまだ借りていませんが、「鋼の練金術師」が全巻揃っているようです。

中央図書館は使いたおしがいがありそうなので、どんどん利用してゆきたいです。

  • 開館 (月〜土): 9:00-20:00
  • 開館 (日、祝): 9:00-17:00
  • 休館: 第 3 木曜日、年末年始、特別整理期間

ref

2014-11-19

J. P. ホーガンの SF 名作「星を継ぐもの」、Kindle 化!

星を継ぐもの (創元SF文庫)

ハード SF の名作。ジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの」が電子書籍化。Amazon では Kindle 版が予約受付中です! 発売予定日は 2014 年 12 月 12 日。

「星を継ぐもの」は、近未来の地球を舞台に「5 万年前の人の化石が月面で発見された」という謎に挑む作品。彼は人間か異星人か? 5 万年前に超古代文明はあったのか? 彼は月面で何をしていたのか? 何故、死んだのか?

様々な謎を巡って、科学者達が論争を重ねます。次第に、物理学者ハント博士と生物学者ダンチェッカー教授によって率いられる二大派閥が対立。時に協力し、時に議備を戦わせ、相手を論破したと思ったら新たな謎が両陣営を更なる謎へ突き落とす。目立たない科学者の発見が、思わぬ大進展へと結びつく。

「星を継ぐもの」には真実を求める科学者達の物語で、「敵」という存在なしにスリリングなストーリーを展開できることを証明した稀有の名作です。

ハント博士とダンチェッカー教授の活躍は「巨人たちの星シリーズ」として続き、全 4 巻で完結します。続編「ガニメデの優しい巨人たち」と第三部「巨人たちの星」も 12/12 発売で予約受付中。第四部「内なる宇宙」は上下分冊で 12/19 発売が予定されています。

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫) 巨人たちの星 (創元SF文庫)

内なる宇宙 上 (創元SF文庫) 内なる宇宙 下 (創元SF文庫)

2014-10-14

急須を買ってみました

昨日は合羽橋道具まつりの最終日。近所でやっていることもあり繰り出してみました (台風 19 台の影響で雨風があったのは残念)。道具街というだけあって、沢山の品物に圧倒されました。そんな中、引越以来、欲しい欲しいと思っていた「急須」を買ってきました。

急須

赤茶のオーソドックスなタイプです。とこなめ焼き。中はこんな感じ。

急須

底が網になっています。「のぞみ茶こし」というものらしいです。一応、手入れの方法も書いておきます。

  • 月 1〜2 回のお手入れでお茶がおいしく飲めます
  • 水でうすめた家庭用の洗剤を 1〜2 時間程度急須の中に入れて、水ですすいでください。
  • ご使用後のお茶の葉は、すぐに捨てていただければ、汚れは付きにくくなります。

これなら無精な私でも、片付けができそうです。この記事も、急須で入れた緑茶を飲みながら書いています。お茶を飲みながら、ブログを書く、というのもオツなものですね。

今、お湯はウォーターサーバーで出していますが、これは今週末に返してしまうので、ヤカンを買わないといけませんね。ヤカンを買ったら、また記事を書きます。