2015-08-31

ヴィヴァルディの「四季」から春の第 1 楽章

「初心者向けクラシック音楽」プレイリストの「ヴィヴァルディの四季より春 (第 1 楽章)」の説明です。

作曲家と時代

作曲者アントニオ・ヴィヴァルディはイタリアの作曲者です。イタリア生まれとざっくり言っていますが、当時のイタリアは複数の国があり、ヴィヴァルディはヴェネツィア共和国の生まれとなります。1678 年生まれ、1741 年没。バロック時代の作曲家で、パッヘルベル (1653 年生) より若く、バッハ (1685 年生) より少し年上です。

ヴィヴァルディは「赤毛の司祭」という呼称でも知られている通り、カトリック教会の司祭でした。この時代は教会の力が強く、作曲者が教会の聖職者であることも珍しくありませんでした。バロック音楽が終わると、王侯・貴族の力が強くなってゆきます。

ヴィヴァルディの「四季」は 4 つのヴァイオリン協奏曲「春」「夏」「秋」「冬」から成ります。ここでは、「四季」から最初の協奏曲「春」の第一楽章を選びました。

一般には「四季」でワンセットに扱れがちですが、実は、この 4 つの協奏曲は「和声と創意の試み 作品 8」という曲集に収録されています。「和声と創意の試み」には 12 曲のヴァイオリン協奏曲が収められており、その 1 曲目から 4 曲目が「四季」として総称されています。

「和声と創意の試み」には、第1番「春」、第2番「夏」、第3番「秋」、第4番「冬」の他にタイトルを持っている作品があるので少し見てみましょう。第5番「海の嵐」、第6番「喜び」、第10番「狩り」。5番以降は「四季」とは全く関係のないタイトルが付いています。ちょっと拍子抜けしてしまいますね。もしタイトルがシャレていたら、「四季」同様に世に知られることになっていたかもしれないと思うと、不思議な感じがします。

もし興味を持ったら、「和声と創意の試み」全曲も聴いてみると面白いでしょう。

演奏者と演奏

ヴィヴァルディの「四季」は 20 世紀初当、それほどポピュラーな曲ではなかったと言われています。曲を有名にするきっかけは、名演の存在、といっては大袈裟でしょうか。

1951 年、カール・ミュンヒンガーがシュトゥットガルト室内管弦楽団を指揮して「四季」の録音を行ないました。ヴァイオリン独奏者はラインホルト・バルヒェット。この演奏で「四季」人気の先鞭となりました。その後、イタリアのイ・ムジチ合奏団が 1955 年に「四季」を録音。指揮・ヴァイオリン独奏はフェリックス・アーヨ。

さて、1950 年代前半の録音について。当時はモノラル録音が主流。モノラル録音とは左右のスピーカーで同じ音が流れる方式です。しかし、1950 年代後半になるとステレオ録音が始まります。ステレオ録音は複数のマイクを使って録音し、スピーカーの右と左で別々の音を鳴らします。ステレオ録音の良いところは、音が立体的に聞こえることです。オーケストラであれば、ヴァイオリンは左で、コントラバスは右で演奏されているのが分かります。。合唱曲ならオーケストラが前に居て、合唱団が後ろに居るのが分かります。教会などの天丼の高い所で演奏していれば、音が高く昇っていく様子を感じることができます。ステレオ録音はその音の立体性から一気に広まりました。

この録音界の動きを受けて、演奏者もステレオ録音で「再録音」を開始します。ミュンヒンガーは 1958 年に再録音を (ヴァイオリニストはコンスタンティ・クルカに変更)、イ・ムジチは 1959 年に再録音を行ないました。

今日では、特に、歴史的な意味と演奏の良さからミュンヒンガーとイ・ムジチの 2 回目の録音に評価が高いです。

今回のプレイリストでは、そのイ・ムジチの 2 回目の録音から「春」の第一楽章を選びました。

2015-08-18

「中国五千年の歴史」動画 — 国の隆盛を見る

ブログ 和洋風KAI で紹介されていた動画をシェア。昨夜軽く見るつもりが、全編 38 分を見てしまい、面白かったのでブログの記事にしてみました。

動画は、五千年前から現代に向かって国々の国名と領土を描く第一部 (動画のほとんどがコレです) と、各時代に最大版図をほこった国の大きさを描く第二部 (おまけな感じです) から成ります。

初期の王朝、「夏」「商」「周 (西周)」から始まり、戦国時代の分裂、秦の統一を経て、前漢、新、後漢、そして三国時代へ。日本の歴史にも出てくる遣隋使の送られた「隋」や遣唐使の送られた「唐」へと続き、元寇で日本に攻めてきた「元」。現在の万里の長城を作った「明」、ラストエンペラーで有名な「清」などなど、国々の隆盛を見ていると飽きることがありません。自分が知らない小さな国々が生まれては消えてゆくのを見ると、そこにもドラマがあったんだろうな、と思います。

2015-08-11

フランス菓子店パルファン・ドゥー (新潟市) の「ケーキ屋さんのオムレツ」を食べました

新潟市内のフランス菓子店パルファン ドゥー (Parfum Doux) のオムレツケーキ、「ケーキ屋さんのオムレツ」を買って食べました。

Untitled

見ての通り巨大なオムレツ・ケーキです。ピース売りをしていないので、このサイズを買わないといけません (オムレツケーキもホール・ケーキと呼んで良いのでしょうか?)。

人数がいないと買うに買えない。人数がいても、人気なので売り切れることが多い。様々な要件が重なって今まで購入に至っていませんでしたが、今日、ようやくその機会を得ました。

Untitled

バナナ、キウイなどの季節のフルーツを生クリームで包み、カスタード、スポンジの層構造を作って、周りをクレープで巻き上げた一品です。生クリームが上品な仕上がりで、甘すぎず、自己主張しすぎず、フルーツの味を上手く活かしています。フルーツは一口、二口サイズで入っていて、食べるフルーツに寄って味が変化します。

そして、プリプリッとしたクレープの食感が得も言われぬアクセントになっています。

絶妙な味。こちらのケーキを、同じく新潟は豆煎坊の豆煎坊ブレンドをドリップコーヒーで頂きました。美味!

Untitled

2015-08-08

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9巻は 9/12 発売

最近楽しみにしているライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(通称: ダンまち) の最新巻 第 9 巻が Amazon で 9/12 発売になっていました。

このシリーズは、3, 4 か月に一度のペースでコンスタントに出ているので、待つ身としても嬉しいですね。Kindle 版で読んでいますが、書籍の発売日とほぼ同時に Kindle 版も出るのもありがたいです。

2015-07-28

カラオケ〜〜 2015/07

5 月、6 月 に続いて、先週の金曜日 (7/24) もカラオケに行ってきました。場所は東京・上野。

歌った曲

毎度のことながら、歌った曲を書いておきます。

  • L-O-V-E / ナット・キング・コール (1964)
  • 千の風になって / 秋川雅史 (2006)
  • Gone the Rainbow / ピーター・ポール & マリー (1963)
  • Castle on a Cloud / レ・ミゼラブル (1985)

L-O-V-E は、私がカラオケでいつも最初に歌う曲です。ナット・キング・コールのヒット曲の一つです。今回も歌いました。

千の風になって は、歌い始めてからメロディーを忘れていることにびっくり。伴奏に合わせて歌いましたが、後で YouTube を見てみたら、全然違っててボロボロです。

Gone the Rainbow は 60 年代のフォーク・グループ ピーター・ポール・アンド・マリーのスマッシュ・ヒット。オリジナルはアイルランド民謡 Siúil A Rúin です。私の好きな曲の一つです。

Castle on a Cloud はミュージカル「レ・ミゼラブル」の中の一曲。幼いコゼットが母ファンティーヌを想って歌う曲です。カラオケ版は映画化された「レ・ミゼラブル」を元にしているようで、本来の曲より短くなっていました。ミュージカル版より前奏が短かかったり、途中で歌詞が飛んだりと散々でした。

あとがき

今回はカラオケ前に会社の懇親会があり、にぎやかな会場で声を張り上げていたため、喉がボロボロ。いざ歌おうとしたら声の出ないこと出ないこと。そしてメロディーを忘れたり、曲が思ったより短かかったり。不完全燃焼です。

次回はリベンジしたいです。

2015-07-14

パッヘルベルのカノン

「初心者向けクラシック音楽」プレイリストの「パッヘルベルのカノン」の説明です。

作曲者と時代

作曲者ヨハン・パッヘルベルはドイツの作曲者です。1653 年生まれ、1706 生没。時代は「バロック時代」。バロック時代で有名な作曲家といえばバッハ。バッハは 1685 年生まれなので、パッヘルベルはバッハの一世代前の作曲家となります。

この時代のクラシック音楽は主に教会で演奏されるものが多かったようです。コンサート・ホール向けに作曲されたのではない、というのがポイントですね。また、クラシック音楽の代表とも言える「交響曲」というジャンルはまだ生まれていませんでした。ピアノもまだ発明されていなくて、鍵盤楽器と言えば教会に備えつけられたパイプ・オルガンか、小音量しか出ないチェンバロくらいしかありませんでした。ヴァイオリンも今と比べると小さな音しか出なかったと言います。

「パッヘルベルのカノン」は俗称です。正式には「3 つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第 1 曲目と呼ぶのが正しいです。

曲名を少し分解してみましょう。「3 つのヴァイオリンと通奏低音」は楽器の種類と数を表しています。ヴァイオリンが 3 丁と通奏低音が 1 つ。4 人で演奏できる曲、ということになります。

「通奏低音」というのはバロック時代特有の用語で、曲を「通」して伴「奏」される「低音」部を演奏する楽器を指します。具体的にはオルガンやチェンバロ、チェロ、コントラバスが「通奏低音」楽器として使われますが、どの楽器を使うかは演奏者に委ねられています。また、当時のお約束ごととして、通奏低音には楽譜に書かれた音符の他に、演奏者が適切な和音を付けて演奏することになっていました。楽器選択も演奏も気ままに選んでください。っておおらかなことを言っていたのがバロック時代です。

話を元に戻して、曲名の後半を見てみましょう。「カノンとジーグ」。カノンは大雑把に言えば輪唱です。一人目のメロディーを他の人が追いかけてゆきます。ここでは 3 丁のヴァイオリンが、同じメロディーを追いかけるように演奏してゆきます。

ジーグは舞曲の一つです。踊りを曲名とするのはワルツやポルカと同じですね。ジーグはアイルランドやイングランドの民俗的な踊りで、速いテンポで演奏されるのが特徴的です。

パッヘルベルのカノンの正式名称は「カノンとジーグ」の二部構成です。しかし、「ジーグ」は演奏されることが少なく、(二部構成の第 1 部に当たる) カノンだけが有名になりました。このカノンを特に「パッヘルベルのカノン」と呼んでいます。

演奏者と演奏

指揮者はサー・ネヴィル・マリナー (Sir Neville Marriner)。1924 年生まれのイギリスの指揮者です。

マリナーで有名なエピソードは二つあります。1 つは 1959 年にアカデミー室内管弦楽団 (Academy of St. Martin-in-the-Fields) というオーケストラを創設したことです。大編成なオーケストラ曲 (交響曲とか) ではなく、編成の小さな曲を演奏して有名になりました。もう 1 つは、モーツァルトの自伝映画「アマデウス」(1985 年度アカデミー賞 8 部門受賞) の音楽を担当したことです。マリナーのモーツァルト演奏に対する評価に高さが伺われますね。

マリナーの演奏するパッヘルベルのカノンについて見てみましょう。

パッヘルベルのカノンは本来 4 人 (もしくは通奏低音を複数の人が担当して 10 人以下) で演奏する曲です。しかし、今日では弦楽合奏用 (= オーケストラ向き) に編曲されたものがよく演奏されます。マリナーも弦楽合奏版を用いて演奏しています。通奏低音はオルガンが担当しています。このオルガンの音は低いので、雑踏の中では聞こえづらいかもしれません。静かな所で聴く機会があれば、オルガンの音が鳴っていないか気にかけてみてください。オーケストラの響きとオルガンの低音が絶妙なハーモニーになっているのに気づくと、曲が更に楽しくなるでしょう。

マリナーの演奏は過度な演出をさけたオーソドックスなもので、ゆっくり目の庫ちついたテンポが心地良いです。大編成オーケストラ・スタイルと (オリジナルの) 小編成スタイルの中間という意味でもバランスが良いと思います。

2015-07-10

「初心者向けクラシック音楽」プレイリストを Apple Music で作りました

先の記事にも書いた通り、「初心者向けクラシック音楽」講座みたいなのを始めました。

それで、まず、12 曲・約 40 分の「初心者向けクラシック音楽」プレイリストを Apple Music で作成しました。

耳なじみのある曲を選びました。一曲の長さは「3,4 分」を目指しましたが、一曲目の「パッヘルベルのカノン」が 5 分台だったので制限を緩めて「長くても 5 分台まで」としています。今回、プレイリストを作るに当たって心がけた他のルールは次の通りです:

  • 曲順は作曲家の生まれた順にする
  • 作曲家一人につき、一曲を選曲する
  • 自分が CD を持っているものの中から選ぶ

今、プレイリストに入っているのは 12 曲だけですが、これは後で増やそうと思っています。

ブログで一曲一曲にコメントを書いてゆくつもりですが、とりあえず今のプレイリストの中身を書いておきますね。

  1. パッヘルベル: カノン (ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団)
  2. ヴィヴァルディ: 四季より「春」の第1楽章 (フェリックス・アーヨ、イ・ムジチ合奏団)
  3. J. S. バッハ: 無伴奏チェロ組曲 第1番 第1曲 (ピエール・フルニエ)
  4. ボッケリーニ: メヌエット (Enrico Casazza、La Magnifica Comunita)
  5. モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章 (アカデミー室内管弦楽団)
  6. ベートーヴェン: エリーゼのために (ヴァレンティーナ・レシッツァ)
  7. シューベルト: 楽興の時 第3番 (ヴィルヘルム・ケンプ)
  8. メンデルスゾーン: 春の歌 (ダニエル・バレンボイム)
  9. ショパン: 小犬のワルツ (アブデル=ラーマン・エル=バシャ)
  10. シューマン: トロイメライ (マルタ・アルゲリッチ)
  11. ブラームス: ハンガリー舞曲 第5番 管弦楽版 (クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)
  12. ムソルグスキー: 組曲「展覧会の絵」 第1曲 ラヴェル管弦楽編曲版 (ゲオルグ・ショルティ指揮シカゴ交響楽団)